初めての株式投資。初心者でも稼げるテクニック。

株式投資と行動経済学

行動経済学とは?

 

行動経済学、行動ファイナンスとは、典型的な経済学のように経済人を前提とするのではなく、
実際の人間による実験やその観察を重視し、人間がどのように選択・行動し、
その結果どうなるかを究明することを目的とした経済学の一分野である。                    
(Wikipediaより引用)

 

行動経済学とは、ホモ・エコノミクス(自己の経済利益を極大化させることを唯一の行動基準とする人間)
を前提とせず、人間の心理的、感情的側面の現実に即した分析を行う経済学のことをいう。
(コトバンクより引用)

 

株式投資では大事な「お金」を運用しますから、合理的な選択が当然求められます。

しかし、多くの人々はその合理的な選択ができず、非合理的な選択をして損失を被ってしまいます。
なぜでしょうか?その答えを見つけるために「行動経済学」というものがとても活躍します。
例えば、損切りの重要性がこんなにも叫ばれているのに、
なぜ多くの人は損切りをできず塩漬けを作ってしまうのか。
これについての解説は、既に他の記事でも紹介していますが、
人間は「利益はすぐ確定したがる。」「損失を認めたくないので先送りにする。」傾向にあります。
このような、感情が関係している部分のからくりを解き明かすのに行動経済学が役立つわけです。

 

「何故いつも損失ばかり出してしまうのか?」
「どういう取引をしても気付いたら何故か結局負けている・・・。」
行動経済学を学ぶことによって、このようなことを解き明かすヒントが見つかると思います。

私自身も行動経済学を学び始めてからなるほどと思えることがたくさんあり、
「行動経済学の知識は株式投資に必須と言っても過言ではない知識だ」と考えていますので、
以下、この記事で紹介していきます。

 

「人は損が大嫌い。」

行動経済学では「人は同じ大きさでも利益より損失の方が倍以上強く感じる。」と言われています。
持ち株の含み益が100万円の状態の嬉しさと、含み損100万円の時の悲しみでは
含み益の嬉しさより含み損の悲しみの方が倍以上強いということです。
これはつまり、「利益の期待」よりも「損失の恐怖」の方が大きいことを示します。
だから含み益が出ている状態では、含み益が減る恐怖からすぐに利益確定をしてしまい、
含み損が出ている状態では、損を認めたくないので、損切りができずに損失を伸ばし、
結果として一番やってはいけない「利小損大」に陥ってしまうのです。

 

「株は買い時よりも売り時の方が難しい。」と良く語られますが、
こういうところが関係している部分もありますね。

 

損切りの時の辛さは、株をやったことがある方なら誰でもよくわかると思いますが、
ただ「損切りは大事だから損切りをする」というよりかは、
「この損切りしたくない気持ちこそがより損失を生むんだ。」と認識する方が、
躊躇がなく合理的なトレードを生み出すことが出来ると言えますね。

 

また、損が大嫌いゆえに一度損失を出してしまうと、
損失を取り返すために必死になってしまうのもよくある傾向です。
ギャンブルが好きな方はよくわかる気持ちかもしれませんね。
負けるほどに熱くなり「ここまで来て今更引けない。」「次で取り返す!」というような。
「損失を取り返したい」と思うのはまさに自分が感情に支配されている状態です。

 

「自分の都合の良い情報のみ集めてしまう(確証バイアス)」

株式投資をしていて、簡単に「これは買いだ!」「売りだ!」と断言できる場面よりも、
「どっちに動くだろう・・・」と迷う場合の方が多いと思います。
絶対的な自信のあるときだけエントリーするのがもっともなのですが、
自分の建てたポジションがどうなるかわからず不安になるとき、
本来は様々な情報を集めて総合的に判断しなければならないはずが、
人は自身に都合の良い情報のみを集めて安心しようとしがちです。
これを確証バイアスと言います。
自分のポジションに有利な材料がないか、同じポジションをとってる人がいないか・・・。
このように安心を求めてやたらと情報を求めている状態にあるときは
自分が正常な判断ができない状態にあると気づけるようにありたいですね。

 

株式投資だけでなく、身近なことに役立つ行動経済学

以上で、行動経済学の視点から株式投資について考えてみましたが、
株式投資だけでなく身近なことにも行動経済学は大いに役に立ちます。
なるほどなるほどと思えるところもたくさんあり、
自分が無意識のうちに選択、行動していたものが実は非合理であったとか。
なので、株のために行動経済学を勉強するというよりかは、
単純に、勉強してて楽しいです。
有名なところで言うと、モンティホールの問題を面白いと思える人は
行動経済学を楽しめると思います。

 

 

 

★★★↑の本は初心者の方には少し難しいかもしれません。
↓に紹介する本の方が初心者でも読みやすくわかりやすいのでおススメです。★★★