初めての株式投資。初心者でも稼げるテクニック。

・店頭取引と取引所取引(くりっく365)

株,外国人投資家,外資,海外投資家,影響,動向,売買FX,稼ぐ,儲け

 

FXの取引には2種類ある。

FXの取引には2種類の取引があります。
店頭取引と取引所取引です。

 

このサイトでFXについて紹介している記事内では店頭取引を前提としてお話ししています。
というのも、店頭取引の方がコストが安く、初心者の方向けであると考えているからです。

 

店頭取引とは・・・投資家たちと業者で取引を完結させるやり方の取引です。
例えるならスーパーに買い物にいくようなイメージですかね。
買いたい人とスーパーの一対一の取引になります。値段もスーパーが決めたものです。
また、スーパーによってそれぞれ色々なサービスがありますよね?
これも同じく、FXの店頭取引ではそれぞれ業者ごとにサービスが豊富にあります。
手数料無料だったり、スプレッドの狭さとか、ツールや情報提供だとか・・・色々。

 

取引所取引とは・・・業者を介して、投資家の注文は取引所(市場)に集められ、約定していきます。
例えるならオークションのようなイメージです。
買いたい人達の注文が複数ある中で条件の良いものから約定していきます。
条件の良いものというのは安く売う、高く買うというものです。
高く買うということは売る側にとっては高く売れるので嬉しいですね。
逆も然りで、安く売るというのは買う側にとって安く買えるので嬉しい。
集められた売買注文の中で順番に約定していくので「取引の透明性・公平性があります。」
ただし、店頭取引と違い売買には手数料が必ずかかります。
なので、コスト面で言えば取引所取引は不利です。

 

取引所は「くりっく365」が有名ですね。

 

以前は取引所取引の活発化のために取引所取引での利益について税金を優遇する制度がありました。
しかし、その制度は終わり、現在では店頭取引・取引所取引ともに同じ率の課税です。
なので、取引所取引のメリットが1つなくなってしまったと言えます・・・。

 

ちなみに、取引所取引には透明性があると言いましたが、
店頭取引が必ずしも悪いというわけではありません。
ただ、個人的な意見としてはここは結構大事なポイントだと思います。

 

 

規制や競争などを経て、店頭取引と取引所取引は昔ほどの差はなくなりました。
それでもまだ違いはありますので、自分のスタイルにあった取引方法・業者を見つけていきましょう。