初めての株式投資。初心者でも稼げるテクニック。

・「スワップ」とは?

株,外国人投資家,外資,海外投資家,影響,動向,売買FX,稼ぐ,儲け

 

世界の通貨の違いにより金利差が発生する

世界には様々な通貨があります。FXではそんな世界の通貨を売買するわけですが、
金利差がある通貨を売買することで金利スワップが発生します。

結論から言うと、金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買えばスワップを受け取り、
逆に、金利の高い通貨を買って金利の安い通貨を売ればスワップを支払うことになります。

 

日本円は世界中でもトップクラスで金利が低いと言って良い通貨です。
FX取引では大抵の通貨が日本円よりも金利が高いので、多くの場合に

ロング(=日本円を売り、外貨を買う)のポジションを取ればスワップが受け取れます。
逆に、ショート(=外貨を売り、日本円を買う)のポジションならスワップを支払うことになる。

という風に覚えておくとわかりやすいかもしれません。
一番メジャーな通貨ペア「米ドル/日本円」でも同様です。

 

イメージしやすいように、ざっくり言いますと、新興国などは金利が高いことが多いです。
アフリカや南米などが特に高金利ですね。
日本の政策金利は最近はずっと0.1%を維持していますが、
金利の高い国では5%以上、中には10%超えをしているものもあります。
スワップだけを考えるなら、新興国などの通貨を買うのがおいしいです。

 

ただ、(この記事は2014年4月に執筆)つい最近でも、
アルゼンチン危機によりアルゼンチンの通貨(ペソ)が大暴落した例もあります。
金利の高い通貨を買いで入る場合にはこういうリスクが大きいということを覚えておきましょう。

 

スワップの受け取り・支払いについて

これは身も蓋もない回答ですが、業者によって異なります。
業者によって、毎日支払or受取が発生するところもあり、
取引の決済時にスワップ分を上乗せor差引するところなんかもあります。
それぞれみなさんが使う業者を調べてみましょう。

 

私がFX取引にメインで使用しているDMM FXさんでは決済せずに
毎日スワップを受け取ることが可能なシステムです。

 


↑こちらがDMM FXさんのホームページです。