初めての株式投資。初心者でも稼げるテクニック。

・FXを始めてみよう。FXとは?

株,外国人投資家,外資,海外投資家,影響,動向,売買FX,稼ぐ,儲け

 

FXを始めてみよう。FXとは?

FXとは「foreign exchange」のことです。
円を使ってドルやユーロを買い、その後の為替変動によって
利益が出るというイメージです。
逆に、ドルやユーロを売るということもできるので、
円安か円高のどちらになっても利益を出すことができます。
株の現物取引なんかの場合では株価が上がるときしか利益が出ませんが、
(株の信用取引では売りから入ることもできますが、銘柄によってはできないものもあります。)
FXの場合では円安円高どちらに対しても利益のチャンスがあります。

常に利益を出すチャンスがある!

 

例えば↓↓↓
最近の例で言うと、米ドルと日本円の為替レートは1ドル100円ぐらいです。

手持ちの日本円が1万円だとすると、100ドルになります。
これでレートが変動して1ドル101円になったとしましょう。
これで日本円に再び換算すると、10100円になります。
この差額の100円が利益となります。
ちなみに、このように1ドル100円→101円になるのは「円安」です。
円高円安については「こちらの記事(アベノミクスとは何かを知ろう)」も参照してみてください。

逆に、1ドル100円から99円になったとしましょう。
これで円に換算すると9900円です。
当初、10000円あったものが9900円になってしまっています。
これが100円の損失です。

このように、ドルを買う(FXの用語で、「ロング」と言います。)と、円安になると利益、円高だと損失を生みます。
反対に、ドルを売りから入る場合(同じく、「ショート」と言います。)は円高だと利益となり、円安だと損失となります。

 

ドルを売りから入るというのは、持っていないものをいきなり売りから入るので
イメージとしては株の信用売りと同じです。
株の信用売りでは、持っていない株を売りから入る場合には、
貸株料というものがかかるのですが、
FXの場合はこのような費用・手数料はかかりません。(全ての業者ではありませんが、多くの場合。)
また、ロングの場合でも同じく売買の手数料はかかりません。
最近のFXの業者はサービスが優れいているので、有名な業者ではほとんどのところが手数料無料です。

 

具体的な例を身近な数字であげてみましょう。
FXを始めてみたいAさんがFX口座を開設して、10万円を入金してみました。
Aさんは今後、円安になると予想していたので、ドルを買ってみました。
(FXの取引では米ドルが最も主流です。次いでユーロなど。)
現在の為替レートは1ドル102円です。
Aさんは10万円を全て使ってドルを買いました10万/102で約980ドルです。

 

その後、為替レートが変動し、Aさんの予想通り円安になりました。
1ドル105円にまでなったとします。
このタイミングでAさんは利益確定をし、買っていたドルを売り円に戻しました。
約980×105で約103000円です。3000円の利益となりました。

この例では1ドルについて3円分円安になって3000円の利益が出ています。
相場の常識として、3円も動くというのはなかなか大きな動きです。
「なんだ。3円もレートが変動しても3000円しか利益が出ないのか。」と
思うかもしれませんが、実はそうではありません。
FXの世界では「レバレッジ」というものがあります。
結論から言うと、レバレッジを使えば上記の例だと、
3000円ではなく75000円ものの利益となります。

 

ここで新たな「レバレッジ」という言葉が出てきました。
FXの最大のポイントは「レバレッジ」です。
このレバレッジがあるからこそ、夢があり、またリスクでもあります。
次回以降の記事で解説していきます。