・アベノミクス相場必勝法?値動きを分析

・アベノミクス相場必勝法を考える

現在のアベノミクス相場の値動きは、
素人でも、少し見続けているだけである程度の癖が見えてきます。
今後使えそうな、勝てそうなパターンを考えてみましょう。

例えば私は↓のように考えてみました。

 

これはいたってシンプルなもので、誰でも実践できると思います。
早速、説明します。日経平均株価の日足チャートをご覧ください。↓
日経平均,2013,2014,必勝,必勝法,テクニック,稼ぐ
日経平均,2013,2014,必勝,必勝法,テクニック,稼ぐ
↑これは私が簡単に作成したイメージです。
値動きをシンプルに図にしてみました。
図にも書きましたが、2013年9月から値動きのパターンが変わっています。
トレンドが変わったということですね。
2013年は5月の大暴落からは上昇一本のアベノミクス相場とは異なり、
不安定な値動きを繰り返す相場でした。
しかし、9月から再びアベノミクス相場が復活したと言えます。
強い力を持った株価上昇期の第二弾です。

 

そして、その上昇の仕方がある程度パターン化できます。
図の通り、山の形のように推移していっています。
緩やかに3歩進んで2歩戻るを繰り返している感じですね。
なので、結論から言いますと「現在の相場は押し目買いが有利」です。
サイクルとしては1週間から2週間ぐらいですね。
デイトレや数日単位で考えるスイングトレードよりも少し長めの時間感覚を持つと良いと思います。

 

値幅としては直近の高値から700円〜900円程度の下落があります。
目安としては「直近の高値から約800円下がったら押し目買い」をすると有効と言えます。
簡単ですね♪

 

うまいこと流れの通り動いていくと1月終わりから2月あたま頃に、
日経平均株価は16000円後半ぐらいの値をつけそうですね。
そこで利益確定がベターでしょうか。

 

もちろん、この上昇気流がいつまでも続くわけはなく、
いつかは終わりが来るわけですが、
それまでは有効なパターンだと思います。
2014年見通しと併せて考えていくとより強いと思います。

 

相場のトレンドを考える

上記しましたが、相場には現在のトレンドが存在します。「流れ」ですね。
もし万が一私が上記したやり方が今後使えるとしても、
いつかは使えなくなる時期が来るものです。
そして、そのときは別のやり方が有効になるということです。

 

「今はアベノミクス相場だから勝てる」「もう今からじゃ遅い」という声をよく聞きますが、
私はそうだとは考えていません。
いつの時代でも、有効なやり方、いわゆる「勝てる手法」は存在します。
もちろんそんな簡単な話ではありませんけどね。
一番大事なのは「その時その時で相場の流れを読み取ること」ですね。

 

最後に

 

私がこの記事で一番言いたいのは、「上記のやり方がおススメです」ということよりも、
「こんな感じでもいいからみなさん自分自身で値動きを分析してみて、
みなさんなりのパターンや必勝法を考えてみましょう。」ということです。
私が上記したレベルの話なら誰でも考え付くことだと思います。難しいことはないです。

 

 

※記事内で掲載した手法は絶対の結果を保証するものではありません。
あくまで、個人の見解であり、実際の売買の最終判断は自己責任でお願いします。