・損をしないためにすべきこと

・損をしないためにすべきこと


儲けようとするより、損をしないことを意識しましょう。
どこでも「どうしたら儲けられるか」は十分語られており、
皆様がすごく知りたいことでもあるとは思いますが、
「どうしたら損をしないか」は意外と盲点になりやすいです。
儲けたい一心に、色々な手法を無理に試し損失をボロボロ出してしまう、
そんな経験がある人もいるのではないでしょうか。
株では儲けたい気持ちはモチベーションの1つとして、大事だと思いますが、
儲けたい気持ちがあまりに強すぎると無理な売買に走り損失の原因となります。
これもよく言われてることですね。
では、実際に損失をうまないためにはどうすればいいのか、ご説明します。
他の記事などで紹介している事項もありますが、まとめとしてご覧ください。

 

今株価が上がっている銘柄に飛びつかないこと。

焦りや無策の売買は損失を作る典型です。
「連日ストップ高だから」「今まさにものすごい勢いで上がっている」
こんな状況を見ると「まだ上がりそう」「買えば儲かりそう」と感じてしまうのが人間の本能です。
しかし、本能的に任せた売買な損失を生み出します。ダメです。

上がっている株を見つけたらまず理由を探ること。
それを踏まえても、まだ上がりそうだなと判断できたら初めて買いに入って大丈夫です。

「そんなことしてたら今のこの勢いが終わってしまう・・・」と感じる人もいるでしょう。
でもそれはそれでいいんです。知らなかった自分が悪いと割り切って他を当たりましょう。

 

短期売買でも決算やIR情報や適時開示情報を抑えておくこと。

短期的な売買ではファンダメンタルは関係ないとも言われます。
確かにそういう面もあります。ただ1つ気を付けてください。
ファンダメンタルを無視した売買をするとしても、最低限の情報は抑えておきましょう。
適時開示情報などの重要事項の発表日などは知っておきましょう。
関連銘柄も然りです。あとはイベント日とかも抑えておきましょう。

これは筆者が実際に体験したことなのですが、
昔、東証一部の某証券会社の株を買っていたら、
ある瞬間にストンと株価が下がってしまったことがあります。
「えっ!!!なんで!」と思ったら、その企業はその日に決算発表があったんです。。
それを知らずにのんきに株を持っていて損失を出してしまいました。
逆指値をつけていたので重症にはならずに済みましたが、
もしあの時に決算があるとわかっていれば
「値が荒れるかもしれない」と逆指値をきつめに設定していたのに・・・
なさけないです(^^;)

みなさんにはもちろんこんな目に遭ってほしくないので、
当たり前のことですが、あえて申し上げました。

 

逆指値を予約しておくこと。

これは損を出さないために、いつでもやっておくべきですね。
逆指値についてはこちらを参照してください。
ただ、株取引に慣れてくるとつい逆指値をサボってしまう人がよくいます。
私も「相場中はずっと見てるから大丈夫だ」と逆指値をしていなかったこともあります。
そしてそれで大損をしたこともあります(笑)今だから笑い話にできますが、実際笑えません・・・。
特に兼業の方などで一日中相場を見ていられない人は絶対に逆指値をつけておきましょう。