・専門家やアナリストの言うことに頼ってはいけない

・専門家やアナリストの言うことに頼ってはいけない


こんにちは。「今日はアナリストたちの株価予想について」お話しさせていただきます。
よくニュースとか投資情報サイトとかでデデーンと掲載されてますよね。
やはりプロが書いたものです。もっともらしいことが書かれています。
あとはユーザー参加型の株価予想サイトとかね。
ホームページにアクセスした個人投資家達が「上がる」「下がる」とか予想して
それを集めてデータにしてるやつとかですね。
これも大衆意見なわけですから、信用できそうな気がしますね。

 

しか〜〜〜〜し!ちょっと待ってください。

 

本当に細かいツッコミで私の人間性が疑われそうなのですが、

  • その株価予想はいつ発表されたものですか?

 

 →当たり前ですが、古い情報はもう当てにできません。相場の世界は常に先を行くのが基本だからです。

 

  • 予想通り株価推移した後の対処については?

 

 →これは意外と初心者にとって盲点なのですが、アナリスト達は仕掛けに対しては色々とコメントを出してくるのですが、仕舞い時に関しては何も触れていないことがほとんどです。株は「買い時」も重要なのですが、それ以上に「売り時」が重要とも言えます。利益確定のタイミングや損切りのタイミングです。しかしここについて触れているアナリスト達はほとんどいない・・・。

 

  • いつごろその株価になるだろうと予想されていますか?

 

 →私がよく目にする株価予想は「今月の〜」だとか「次に来る爆上げ銘柄は〜」とかそういう表現です。例えば「今月この銘柄は買い」とか言っても、一か月間ずっと株価が上がり続けることなど普通はありえません。非常に調子の良い銘柄でも押し目を作りながら(所々、下げながら)上昇していくのが普通ですし、そうでない大抵の銘柄は上げ下げを繰り返していくものです。それなのに「今月、買い」という言い方はあまりにも雑ではないでしょうか。

 

  • 根拠は十分ですか?理論的ですか?

 

 →私が良く目にする株価予想で「この銘柄は11月は毎年上げることが多いから今年も11月は買い」とかいうコメントがあります。株取引にはある程度の季節的な上げ下げの傾向があるというのは確かにそうです。でも昔と今では経済環境や時代背景も違うわけです。鵜呑みにはできません。というより「今までそうだったから今回もそうだろう」というのは少し考えの足りない手法だと思います(有効なときも無くは無いとは思いますが)。株取引では「自分で考える力」がとても重要です。

 

  • 予想が曖昧すぎませんか?

 

 →少し昔に、アベノミクスが話題になり始めた2013年明けから春頃に「日経平均は年末には15000〜18000円になる」とコメントしていた評論家がいました。私が指摘したいのは値幅が3000円もあるということだけではなく、「年末」という表現です。その段階で年末の日経平均を予想して公表しても、一年間では何が起こるかわかりませんし、予想外のことで株価が大きく変動することもザラです。こういうコメントは「その段階で言えること」をコメントしているわけであって「必ずそうなる」ということではないです。これを鵜呑みにして売買するのは非常に危険です。

 

これで全部というわけではありませんが、↑にあげた箇所が怪しい場合はその株価予想は
あてにしない方が良いと思います。
先に申し上げておきますが、私は「株価予想をする人たち」を否定しているわけではありません。
もちろん、「彼らが嘘を言っている」だとか「言っている内容が適当だ」と言っているわけでもありません。
私が言いたいのは「アナリストが「買い」って言ってたから買った」とか、
そういう安易な売買が失敗になるケースが多いということです。
理由は上記で申し上げた通りです。
株取引で重要なのは「自分で考える力、感じる力」です。これが非常に重要です。
よく私が「株やってる」と知人に言ったりすると「これからどの株が上がんの?」とか聞かれたりします。
もーこんなんダメです。全然ダメ。全然全然全然全然全然ダメ。(笑)

 

すみません少し言い過ぎました。。。

 

自分で考える力がないとダメなんです。
自分で考える力がつけば成果に現れてくると思います。利益が増えていくと思います。
もしかしたらどんどん稼げるようになって、本業の稼ぎよりも上回ってしまい、
口座残高が何千万何億と突破して沖縄なんかに移住して毎日きれいな海を見てゆっくり過ごして、
それでも「お金の使い道がないなあ」なんてことになる可能性だってありますね(笑)

 

こんなのは妄想ですが、でも成功のイメージを明確に持つことは、
成功するためにとても大事なことってよく言われてますね。成功者の哲学とか啓発本とかにね。

 

ソフトバンクの孫社長もまだ起業したばかりで福岡で小さな部屋を借りて、
従業員が孫さんを合わせて全部で3人しかいない時代から「売上一兆を目指す」と豪語していたそうです。
孫さんもよく「目標は豪語すべき」と言っていますね。

 

 

ちょっと話がそれましたが、

「自分で考える力」これが重要です。