・毎回勝てない人は逆のポジションをとれば勝てる?

・毎回勝てない人は逆ポジを取れば勝てる?

相場には買うか売るの2択のみ

相場での選択肢は買うか売るかの2択のみです。
厳密には、何もしない(維持)もあると言っても、
その他にたくさんの選択肢があるわけではありません。
買いと売りを何回も繰り返しトレーダー達は利益と損失を出し、
資産と将来をかけているわけです。

 

毎回損失を出してしまう人は逆をとれば勝てたのか

そしてこれもよくある考え方ですが、
毎回損失を出してしまうAさんがいたとしましょう。
株取引をはじめた頃の資産100万円も今では50万円となってしまいました。
Aさんは思います。「全部、売りから入っていれば150万円になっていたのか」
買いで50万円損したから、売りで入っていれば50万円の利益だったか、ということですね。
これは結論から言いますと「いいえ」です。
なぜかというと、大事なのは仕掛けよりも仕舞い時だからです。
Aさんは仕掛けが間違っていたのではなく、
利益確定や損切りのタイミングがうまくできていないために損失を出していたのです。
もちろん、エントリーのタイミングがあまり良くないトレーダーもたくさんいますよ。
でも、大抵の人はエントリーよりももっと大事な利益確定、損切りを軽視しがちです。
※エントリー・・・仕掛けのこと。買いで入るときは最初に買うタイミングのことをエントリーという。

 

毎回、買いで入って損失を出しても損切りができなくズルズルと損を広げてしまう人は、
仮に売りから入っていたとしても損切りができなくズルズルと損を広げています。

 

人によって買いが得意な人、売りが得意な人はいる

ちょっと上記と矛盾するような言い方かもしれませんが、
一応誤解を招くといけないので、補完的に申し上げますね。
人によっては買いが得意な人と売りが得意な人がいます。
株価の上がるときと下がるときはそれぞれ少し特徴がありますしね。
言われてみればもちろんのことです。
だから、買いで入って損してる人が売りから入れば、
勝てるようになるかもしれないという可能性は否定しません。

 

私が言いたいのは優先順位としては
エントリーよりも利益確定損切りが重要ですよってことです
エントリーももちろん大事なんですよ。

 

エントリーももちろん大事だが、もっと大事なのが利益確定・損切りのタイミング。

 

勝てない人はポジションを変えるよりも、利益確定、損切りのタイミングを再考せよ

この話のまとめとして、勝てない人は逆のポジションをとろうとするのではなく、
利益確定のタイミングや損切りのタイミングを改めて考えてみましょう。
※参考記事:「利益確定・損切りのタイミング」