・初心者によくある株への大きな誤解

よくある大きな誤解


株取引をやっていると人に言うとよくありがちな反応があります。それは・・・

 

  • 今何の銘柄がいいの?
  • どの株を買えば儲かるの?

 

というようなことを聞かれることです。

 

どの銘柄を買えばよいかというのは、売買の実力がある程度ついてからの話であって、
始めたばかりの初心者がどの銘柄を買えばいいかと必死に探るのは良いことではありません。
なぜかというと、大抵そういう人たちは「この銘柄は上がる!」ということを耳にすると即買いに走り、
買っても売り時がわからずに利益を伸ばせず、または損切りができずに失敗しまいがちです。
優れた銘柄であっても通常は押し目を作りつつ上げていくものであって、
買い時を誤って高値掴みすると、買った直後に下落に巻き込まれることもよくあります。
どの銘柄を買うかも重要ですが、それと同じく、もしくはそれ以上に大切なことは
買うタイミング、売るタイミングです。
株価は常に動いているので、同じ銘柄であってもタイミングによって損益は異なります。

 

どんな強力な上昇トレンドであっても押し目を作りつつ上げていくものです。
逆に下落トレンドにある株でも所々で反発しながら下げていくものです。
トレンドのない株は一定価格の間を上下にうろうろしていくものです。

 

成長を続ける企業の株価はその成長に合わせて一直線に伸びていくとするなら、
良い銘柄を見つけたらその瞬間買いつけて眠らせておけば利益になるはずです。
また、下落も一直線なら、迷いが生じることもないので損切りも簡単にできます。
しかし、現実には株価は一直線に伸びることはありません。
株価が上下に波打つ事実がある以上は、銘柄研究をするのと同時に、
買うタイミング、売るタイミングを見極める、またそのための努力をする必要があります。