・凄腕個人トレーダーBNF氏を見て学ぼう、意欲を燃やそう

凄腕トレーダーを見て学ぼう、意欲を燃やそう

シビアな戦いを避けて通れない株式市場ですが、
これを勝ち抜いて莫大な富を得た凄腕のトレーダーからは学べることがたくさんあります。
また、これを見て意欲も燃えてきますね。

 

「数十万、数百万の資産からスタートして何億、何十億稼いだ」なんて夢が広がるお話ですが、
それを現実のものとした人々は世界にたくさんいます。

 

今回、この記事ではそんな勝ち組トレーダーとも言える、
莫大な資産を気づいたトレーダーの中から1人をご紹介します。

 

BNF氏です。

 

BNFという名前はハンドルネームです。
ハンドルネームと言うのは「インターネット上でのニックネーム」のようなものです。

 

http://magagene.blog.fc2.com/超有名個人投資家BNF氏

  • B・N・F(ビー・エヌ・エフ、1978年(昭和53年)3月5日)は、日本の資産家・投資家。
  • 東京都港区在住。2ちゃんねるでのハンドルネームは「B・N・F」、マスコミなどでの通称は「ジェイコム男」であるが、ネット上ではほとんど使われていない。B・N・Fという名前の由来は米国の投資家、ヴィクター・ニーダーホッファー (Victor Niederhoffer) をもじったもの。
  • 千葉県市川市出身。ネットトレードを始めた時は大学に在学していたが、卒業までの単位を2科目残したまま中退している。
  • 地元の市川市に2億円の中古の二世帯住宅の豪邸を購入し、親にはトヨタ・クラウンマジェスタを贈り、港区の4億円高層マンションを購入したこと以外には、特別に贅沢をしておらず、普段は専用のトレードルームに引きこもって1人で取引している。(wikipediaより)

 

現在資産をいくら持っているか詳細はわかりませんが、200億円以上は持っている?ようです。
こんなにお金持ちなのに特に贅沢もせず暮らしているのはすごいですね。
テレビの取材の動画がyoutubeなどにアップされていますが、
買い物を100円ショップでしたり、昼ごはんは基本的にカップラーメン1つだけであったりと、
ものすごーく庶民的な生活をしていて、見た時は衝撃的でした。
あとは、株価の行方が気になって、旅行にも行きたくないという発言をしたり、
今後の人生プランで何をしていくかについても大きな計画を持っているようではなく、
テレビ番組の出演者もとても驚いている様子でした。
(当時の話です。現在はメディア露出もなくなり、詳しい近況は不明。
不動産を買ったり、株取引は続けているようですが・・・今後どうなんでしょうね。)

 

  • 株式トレードに強い意欲があるわけでもないが、目の前に儲けられる機会があるのに無視するのは損するのと同じと考えており、止めることが出来ないと語っている。
  • 他人の金の運用はしたくないと言っており、証券会社の雇われトレーダーなどになる予定はなく、ソフトバンクの孫正義社長と会談した際に資産を運用するよう頼まれたが、断っている。
資産の動向
   
2000年10月 164万円(この164万円はアルバイトなどで貯金したお金)
2000年末 280万円
2001年末 6,100万円
2002年末 9,600万円
2003年末 2億7,000万円
2004年末 11億5,000万円
2005年末 80億円
2006年末 157億円
2007年末 185億円
2008年末 218億円

この資産の伸び方はやはりすごい!の一言ですね。
以前はその資産の使い方を考えているようでしたが、
最近では渋谷のセンター街にビルを建てようとしていることが判明し、つい先日話題に上がりました。
また、以前は秋葉原の駅前の巨大なビルを購入したのも大きな話題となりました。
資金を不動産へとシフトしていかせているようですね。

 

彼は数年前からメディアの取材を拒否しているようです。
そして、以前はインターネット上でも頻繁に他のトレーダーなどと交流を取っていたようですが、
最近は少なくなって、詳しい近況はよくわからない状況です。

 

私なりに彼の発言や考え方をまとめるとすると大きくわけて3つに分類できると思います。

 

とにかく自分の目で相場を見続けて物事を考える、気づきを得る。

いわゆる儲けるテクニックや売買必勝法などにすがるのではなく、
とにかく自分の目で相場を見続け、株価の流れや経済の動向を自分の頭と感覚で追っていけ
ということでしょうね。

 

BNF氏が株取引をはじめた頃はネットによる取引ができたばかりのころで、
一般庶民にはあまり普及していない状況でした。
そんな中では、現在のように指南書などがあるわけでもなく、
BNF氏は毎日毎日一日中パソコンの画面とにらめっこで相場を見続けて身に着けていったそうです。

 

株取引は気持ちが大事

感情的な取引をしないこと。なるべく精神的に楽な状態で売買をしていくこと。
ということを彼は挙げています。これについてはほとんどの投資家達も理解していることですが、
BNF氏のような超大物トレーダーであっても(大物ならなおさらですかね)
基本に忠実であることがとても大事であることがわかります。
BNF氏の資産規模では数分の株価変動で数億の損失が出ることもあるそうですから、
そのときの精神的なダメージは相当に大きいでしょうね・・・。

 

全体の流れを見る

これがBNF氏の語録の中でもかなり主張の強いものではないでしょうか。
やはりBNF氏ほどの人物となると「どうしたら勝てますか」という質問がよく来るようです。
そのような問いに対して、彼はよくこのように「全体を見ることが大事」「株価も全体の流れに沿って動く」
ということをよく言っています。例えば、米国市場が下げると、翌日の日本市場も下げてスタートする。
同じ業種やセクターでは連れ高や連れ安をするからそれを利用すべき。などなど。
また、資金の流れにも注目し、主力株の動きがにぶいときは低位や新興にお金が流れたりする。
というように広い視野で見ていることがわかります。

 

BNF氏から学べることはとても多いと思います。
私なんかは、こういうすごい人の考えやらエピソードやらを見るととてもやる気が出てきます。
私も今後少しでもBNF氏のような大物のトレーダーになりたいものです。。。