・投資信託とは? ETFとは?

投資信託とは? ETFとは?


投資信託というのは誰かにお金を預けて、その人に運用をしてもらうことです。
そしてその人の運用益からお金をもらうということです。
ETFとは投資信託と似たようなものですが違います。
ETFも他人にお金を預けて運用してもらうというのは同じなのですが、
ETF自体も上場していて市場で売買できる。それにより価格も変動する。というのがポイントです。
そしてETFにもいろいろ種類があり、例えばTOPIX指数連動のETFもあります。
これはTOPIXの値動きと同じ動きをするように運用されます。
なのでTOPIXに投資をしているのと同じ効果があります。
ですから東証一部全体の株を買うのと同じような効果が得られます。
現在、日銀もTOPIX連動のETFを買うことで間接的に株を買い、
日本の株価を支えるという政策をとっています。
午前中で大きく下げた日は午後に日銀が現れてETFを買って助けてくれたりしてますね。
まあ、それでも下落するときは下落しますが・・・

 

大きなポイントとしては

  • 販売手数料や売買単位は投資信託の方が小さく、入口としては入りやすい。
  • ETFは市場で売買できる。メリット→扱いやすい。デメリット→値動きが荒い
  • 信託報酬(=コスト)はETFの方が安い
  • ETFは指数などに連動し市場で取引されているため値動きがわかりやすい

 

ETFと投資信託というのは完全に別物ではなく、ETFも信託の一種です。
今後、ETFがもっと世間に浸透して様々な種類のETFが出てくると予想されます。
投資信託についても、どんどん新しい商品が出てきていますから、
ご購入される場合はどんな信託があるか自分の手できちんと調べてから購入なさることをおススメします。
「人におススメされたから。」「なんとなく良さそうだから。」という姿勢では、
自身の財産を無駄にしてしまうかもしれませんよ・・・金融の世界は怖いです。