・チャンスもリスクも大きい「仕手株」

チャンスもリスクも大きい「仕手株」

株式投資を始める上で、仕手株には注意してください。
仕手株とは材料もないのに急に株価が暴騰している株のことです。
それを見た投資家が殺到してお祭り状態になります。
仕手株になりやすい株というのは「普段はあまり人気がない。発行株式が少ない(=操作しやすい)。信用取引ができる。」などですかね。
普段あまり人気がなくて発行株式が少ないというのは仕手側の人間が簡単に株価を釣り上げられます。
信用取引ができるというのは個人が寄ってきやすいですし。

 

なぜこのようなことが起きるのかと言うと、
大金を持った投資家の悪企みという感じですかね。
特に材料もなくて儲けられるんですから、力技という感じです。

 

実際どのように行われるか

実際どのように行われるかと言うと、
株価が停滞しているときに少しずつ仕込み始めます。
このときは株価が荒れないように少しずつ少しずつ株を買います
そして仕手側がある程度の株を保有すると、次は暴騰にさしかかります。
今までは荒れないように少しずつ買っていましたが、今度は一気にドカンと買うのです。株価は暴騰します。
そうするとそれを見た投資家達が「なんだなんだ?」と寄ってきます。
冷静で賢明な投資家はその企業について調べますが、情報は特に出てきません。仕手と気づくのです。
しかし、そうではない投資家や、わかっていても暴騰の波に乗って利益を出そうとする投資家達が買います。
そうすると株価はさらに上昇、さらにそれを見た投資家が・・・というサイクルを生み出します。
そして他人が株価上昇に拍車をかけるようになると、仕手側はその間に今まで仕込んだ株を全て売り払います。

 

仕手株の強烈な誘惑に踊らされないようにしましょう。

仕手株はものすごく暴騰するので、その誘惑も強いです。
ただ仕手株は数日でその騒ぎは収束します。
そこには暴騰の誘惑に負け買った投資家の含み損が残るだけです。

 

仕手株は確かにうまく乗れば大きな利益を出すことができます。
ただし、軽い気持ちで買うと高値掴みになりやすいし、少しでも勢いがなくなったらすぐ撤退すべきです。
仕手株は短時間で簡単に儲かるチャンスもありますが、その分短時間で簡単に損失が出ることもあります。

 

過去に仕手株にあった記録などは調べれば出てくるかと思います。
それを見て「ふーん、こういう感じか」と学ぶのも大事なことです。
ですが、実際にその状況に立ち会うと「ふーん」では済まないと思います。
暴騰の誘惑に負けて損失を出さないためにも、初めて実際に立ち会ったときは買わないようにしましょう。

 

そうでなくても、そんなゲーム感覚でお金をかけるべきではない思う人もたくさんいるでしょう。
その感覚が本来正しいと思います。
このように冷静な分析なく勢いに任せた売買というのは損失の元になりやすいですからね。
みなさんもお気を付けください。

仕手株には手を出さないようにしましょう。理由のわからない暴騰・暴落には付いて行かないこと。