・勝率100%を目指してはいけない

勝率100%よりも損小利大を目指そう

どんなに正しい理論でも株価がその通りには必ず動くとは限らない、ということは前述しました。
そしてそもそも人間の予測能力には限界がありますので、株価が予測通りに動かないことなど日常茶飯事だと思っていてください。

 

前述のように人間は、本能だと利益確定は早く、含み損は我慢してしまう。という傾向にあります。
これだとコツコツ稼いでドカンと負けてトータルではマイナスになってしまいます。
なのでそうではなく、利益を大きく、損失を小さくすることが大事なのです。

みなさんが稼ぐために目指すべきことは「損小利大」です。これが一番大事です。

つまりコツコツ負けてドカンと勝て、ということです。
なので、損切りの連続になることもあると思います。
これは実際そうなると非常に精神衛生的には良くないです。
非常にストレスなことです。
ただ、利益を出すためにはしなくてはならないことです。

 

ちなみに、あまりに損切りばかりになって、利益でカバーしきれないときは、
そもそもエントリーのタイミング(仕掛けるタイミング)が良くないと思ってください。
損切りばかりになってうまく資産が増えずじりじり減っていくことを損切り貧乏と言います。
ただ、ちょくちょく稼いで気を良くして含み損は目いっぱい広げて資産を全て吹き飛ばすよりはマシだと思います。

 

損切りは早めに。逆に、利益確定は早まらないこと。

そして損切りの大切さについてはどこでも誰でも言っていることなので、
これについては誰もが納得していますが問題は利益確定のタイミングです。
含み損はなるべく早く処理すべきですが、含み益は目いっぱい伸ばさなきゃいけないので、
含み益が出てもしばらくは待たなければならないのです。
下がるかもしれない、含み損に変わるかもしれない、というプレッシャーの中、
含み益を放置しておくのはなかなか精神力が要ります。

 

勝つための損小利大は感情との戦いなのです。

http://magagene.blog.fc2.com/
漫画「アカギ」(福本伸行)より。ちょうど良いセリフがあったので拝借しました(笑)
株取引も精神力の強い人の方が圧倒的に有利ですね。