・必ず覚えておきたい「損切り」の有効性

必ず覚えておきたい「損切り」の有効性

「損切り」を覚えましょう。誰でも必ずです。
これは覚えないとはっきり言って絶対勝てません。
そう思っていてください。

 

損切りの意義

損切りとは「持ち株が含み損を出したとき、回復するのを待たずに、損失を確定させること。」です。
その意味は「買った時の予測と違う時はすぐに撤退」と「待つのは効率が悪い」ということです。
買った時の予測と異なる動きをしたらすぐに撤退すべきとは前述した通りです。
予測と違うのにまだその値動きを追い続けるのは「ただのギャンブル」になってしまいます。
もちろん、待ち続ければいつかは回復するというのもそれ自体はそうかもしれませんが、
それは圧倒的に時間効率が悪いので投資方法として論理的に正しいとは言えない
と思います。

 

持っている株が下がったとき、もし万が一はっきりとした根拠を持って
「絶対すぐに戻る」と確信しているならその株を持ち続けるべきだと思いますが、
少しでもそうじゃない場合や、ましてや「もう少し待てば戻るはず・・・」と、
ただのお祈りをしている場合などは損切りをすぐにすべきです。

 

株価が下がってもまた戻って来れば損じゃないという考え方は危険。

というかまず、含み損でも確定しなければ損じゃないって考え方は間違いなんですよね。
含み損が2万円まで達して、それがうまいこと反転して含み益1万円になったとしても、
それは2万円損して3万円儲かったから、最終的に1万円儲かったといえるわけで
何が言いたいかというと、この一連の中の動きでは「3万円儲けるチャンスがあった」ということです。
だから1万円含み損が出た時点ですぐ切っていればその資金で他の株の売買もできますし、
そこからこの株がとうとう反転しそうだと思えば資金を戻してきて、買えば損切り1万円と利益3万円で、トータル2万円儲けです。

 

これを聞くと、うーんまあそうだねと思っていただけるかもしれませんが、
実際に含み損を出してみると損切りするのが正しいという論理は言葉ではわかっていても
自ら損を確定させるという行為ですから、ものすごく気が進みません。
やるべきだやるべきだと思っていても、いざその状況だとすごく嫌な気持ちになります。(笑)
これは自分の感情をコントロールできていないダメな例ですので、そうならないよう自分で売買ルールを決めて徹底するようにしましょう。

 

損切りは実際やろうとしても意外とできない。感情に振り回されずしっかり実行すること!

http://magagene.blog.fc2.com/