・自分の売買のルールを必ず決めよう

自分の売買のルールを必ず決めよう

株式売買というのは実際やってみるとどうも個人個人で癖が出てしまいがちです。
しかも癖なので本人はあまり意識していない、気づいていないということもよくあります。
私も株価が急騰すると急いでその流れに乗ろうとして買い、
結果高値掴みになってしまうということがよくあります。
それを経験していても、株価が急騰するのを見ていると
「買ったら儲かるんじゃないか」「買わないと機会損失になるんじゃないか」と思い
反射的に買いたくなってしまいます。これは悪い癖だと思っています。

 

このとき細かく記録をつけていたりすると、後で見返したとき
実際に売買していたときは冷静であったつもりでも、
同じミスを繰り返していたりということを発見できます。

 

人間はどうしても感情に左右される生き物

怒っている人に向かって「落ち着いて」と言っても、
「落ち着いてるよ!」と言われてしまったことって誰にも1度はあると思います。
当の本人は落ち着いていると思っていても、周りから見たらとても熱くなっている状況ですね。
株式投資でもこれが当てはまってしまうのは悲しいと思う部分もありますが、否定できません。
実際に売買しているときは先がわからない不安もありますし、株式投資はプレッシャーの連続です。
そんな中で、自分自身がどんなに冷静だと思っていても、
正しい判断を下していくのは簡単なことではありません。

 

そんな中で頼れるものは「パターン」と「ルール」だと思っています。
慣れているパターン、読みやすいパターンに当てはまったときに買う。
買う時は、買った後いくら下がったら諦めて売る、というようにルールを決めて買う。
そうすることで成績もよくなるはずです。

自分がどのような状況でも冷静で客観的な売買ができるようにルールを作ったりして工夫しましょう。

http://magagene.blog.fc2.com/