・口座を作ったら実際に売買をしてみよう!

口座を作ったら実際に売買をしてみよう!

口座ができたら実際に売買をしてみましょう。

 

実際の売買の前にデモトレードをして慣れるのも手です。
デモトレードとはお金を使わないで架空の取引をやってみるというものです。
証券会社でデモトレードの場を用意してくれているところもあるのでチェックしてみましょう。
ですが、実際の取引は緊張感がありデモとは別物である面もありますので、
デモトレードで慣れていたとしても絶対に油断せず取引をしましょう。

 

取引前に色々株のことを勉強していたとしても最初は少額の取引から始めましょう。
いきなり全財産をぶちこんで全力で取引するのはあまりに危険です。
小さい値段で購入できる株や値動きの穏やかな株を買ってみて、実際にどういう感じで資産が動いていくか体感してみましょう。

まずは少額の取引で、株価の動きを体感してみましょう。

 

2000円の株を買ったとして、2010円になったときこの差の10円を含み益(=評価益)と言います。
逆に2000円で買って1980円に下がったら20円の含み損(=評価損)です。

 

まあ、わかりやすく言って「こんぐらい得してます」とか「損してます」という意味ですね。

 

 

長い目で見ての投資なら細かい含み損益は気にすべきではないし、短期の場合でもそれに一喜一憂するのは
良いことではありません。それこそ自分の感情がコントロールできていない証拠であり、
自分がいくらで買って損益がいくら出ているかということとは関係なく市場は動いていきますから
とにかく市場の動きに合わせることです。自分の都合で株価は動きませんからね。。。

 

含み益、含み損に一喜一憂せず、冷静な判断を心がけましょう。