・NISAって何?

NISAって何?


NISAというのはわかりやすく言うと「少額の投資については税を優遇」してくれる制度のことです。
国税庁の推計では初年度の口座開設予想が600万件であるのに対し、
開始初日だけで300万以上の申し込みがあり、とても注目を集めているのがわかります。

 

さらに2013年12月26日からNISA取引がスタートしました。
(本来は、2014年スタートですが、取引日と受け渡し日の差により、前倒しになっています。)
12月26日は日経平均80円以上の上昇をしました。
しかも、実は26日までに連日で日経平均は上昇していて、
26日の上昇で、7日間連続日経平均上昇となっています。
NISA開始の思惑も含め、日経平均がいかに注目されているかわかります。
(さらに、その翌27日も一時はマイナス圏でしたが終値ベースで続伸したので8日間連続上昇です。)

 

年間100万円までの投資額について、その配当金や譲渡益を5年間は非課税としてくれます。
だから、例えば買った株の配当が毎年5万円だとしたら×5年で25万円分は非課税なんですね。
その翌年以降は税金がかかるということです。
そして、年間100万円までという枠は毎年新規に使えますから

  2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023
2014 100万円までの投資についての譲渡益・配当金は無課税 無課税 無課税 無課税 無課税          
2015   100万円までの・・・ 無課税 無課税 無課税 無課税        
2016     100万円までの・・・ 無課税 無課税 無課税 無課税      
2017       100万円までの・・・ 無課税 無課税 無課税 無課税    
2018         100万円までの・・・ 無課税 無課税 無課税 無課税  
〜以降省略〜 2023年まで続きます。

 

という風になります

 

NISA口座は1人1つまで。どこの証券会社で作るかは慎重に。

このNISAを利用するためにはNISA専用の口座を作ることになります。今までの普通の証券口座とは別にNISA口座を作るのです。
そしてこのNISA口座は1人1個までとなってます。NISAではない従来の口座は複数の証券会社を利用して複数持つことができましたが、
NISAについてはそうではなく、1人あたり1個なので、どこの証券会社にNISA口座を作るか、慎重に判断しましょう。
一度NISA専用口座を作ると4年間は他の証券会社に移すこともできません。
各証券会社がNISA口座開設を誘うために色々なキャンペーンを行っている様です。
パッと見ではどれも魅力的なキャンペーンだとは思いますが、それぞれの証券会社で色々特典がありますから、
1つ目に見つけたものや勧誘を受けたものに即決してしまうのでなく、色々見てからよく考えて決断しましょう。