・株式相場は心理戦の要素もある

株式相場は心理戦の要素もある

相場で勝つためには市場の参加者たちの心理を読み解くべし

株式相場は心理戦の要素もあるというのは、情報が全てではないということです。
よく、「株なんて情報の先取りゲーム」「インサイダーみたいに、情報に特別強い人だけが勝つ」と勘違いしている方がいますが、違います。

 

株式投資で利益を出すために需給を読み取るべきというのは前述しました。
これも業績や社会情勢以上に株価が動いたときは、参加者たちの気持ち次第で株価は動くということの表れです。
というより、逆に言うと全ての株価が理論的な株価通りにあることはまずありません。
株価には思惑が混ざっていますし、相場が落ち着いているときは思惑は働きづらいのですが、動きが激しいときや、特に最近のようなときは投資家達の心理面も株価に大きく影響されます。

 

投資家達の心理も株価を動かしている原因の1つ

自分自身の心理を見つめることも重要

株式投資というのは実際にやってみると、思った以上に精神的プレッシャーが強いです。
効率的に投資をするなら自分の感情をコントロールすることがとても重要です。
基本的に人間は得した時よりも損した時の方が強い印象を受けるようです。
よく言われる話ですが、人間は利益が出た時は利益がなくなったら嫌だと感じてすぐに利益確定の動きに走り、損が出た時は利益になるまで待つ、傾向にあるそうです。
これは実際やってみると自分もそうなんだなときっと感じると思います。
これの何がいけないかというと利益確定は早いので、毎回小さな利益しか出せない。
損は我慢するのでどんどん損が膨らむこともあり、たまに大きな損が出る。
コツコツ稼いでドカンと負けてトータルではマイナスになるというのが非常によくあるパターンです。
本能に任せた売買では最後に大きな損失が残るだけです。

 

それを知っていれば、そうならないようにすればいいと思いますが、
これが実際とても難しいです。やってみるとわかります(笑)
相場が常に流れていくんだから損が出た時でも、ひたすら待ち続ければ
いつかはプラスになると考える人もよくいます。というより初心者にありがちな誤解です。
確かにそれ自体は間違ってはいないのですが、問題点もあります。
それがいつになるかはわからないからです。
数か月後、半年後という話ならまだマシな方だと思います。
もしかしたら数年、数十年と株価が戻らないかもしれません。
そして10年たってからやっと株価がもどってきて、利益になったとしても
10年という時間があったならもっとうまいことできたはずです。
このように、時間効率の面から考えても、必ずしも戻るわけではないということを考えても、
株価の回復をジッとこらえて待ち続けるのは得策ではないと言えますね。

株式投資は気持ちの戦いでもあるということです。