・株価が下がっても儲けられる

株価が下がっても儲けられる

社会不安があったりして全体的に株価が下がるときは
投資家達は上がるのを待つだけなの?と思う人もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。

 

株価は下がっても儲けられるのです。

これは信用取引で「空売り」をすることによって可能になります。
空売りとは、持っていない株を借りてきて売るということです。

例えば2000円で売買されている株があったとします。
しかしなにかの理由があって「下がりそうだ」と予想したとき空売りのチャンスになります。
その株を持っていなくても、大株主や証券会社などから借りてきて2000円で売ります。その後予想通り株価が下がり1800円になったとします。
このとき株を普通に買って借りた分を返します。(これを買い戻しと言います。)そうすれば差額の200円分を手にすることができるのです。

 


空売りをすれば、株価が下落するほど儲かる!!

 

ただ、注意しなければならないのは、株価というものは下がり続ける場合に最悪でも0円で済みますが、上がるときは限界がないということです。
でも実際には株価が0円になったり常識はずれに上昇するということは例外的なことですが、、
株式投資の指導者では空売りをするなと言う人も結構いたりしますね。
個人的な意見としてはやはり覚えておいて損はないと思います。

 

そして、信用取引とは手持ちの資金よりも大きな規模の取引ができます。
これはチャンスもリスクも増大する諸刃の剣と言えます。
空売りをする場合でも、信用取引なので手持ち資金以上の規模で取引ができるわけですが、
必ずリスク管理を徹底するようにしましょう。

 

空売りに関しては「逆日歩(ぎゃくひぶ)」という単語を覚えておきましょう。
その銘柄について空売りがあまりに多く仕掛けられ、借りてくる株が不足したときに逆日歩が発生します。
空売りをするにあたって借りる株に(金利や手数料とは別に)お金がかかるのです。
不足しているものを調達するわけですから、当然とも言えますね。
そして、逆日歩が発生すると、今まで売り建てをしていた人も含めて、売り建て全員が逆日歩を負担することになります。
逆に、買い方は逆日歩をもらうことができます。
逆日歩が発生し、大きくなってくると、負担を避けたい売り方が買戻しをして、株価が上がっていくこともあります。

空売りが大量発生すると、売り方は逆日歩を支払わなければならないことがある。

 

 

もう1つ、空売りに関して「踏み上げ」という言葉を覚えておきましょう。
これは株価がグングン上がったときに、空売りを仕掛けていた人達が損失に耐え切れず、
損切りの買戻しがたくさん発生して、それによりさらに株価が上がるという連鎖のことを表しています。
株価が急上昇した場合に必ず踏み上げが起きるわけではありませんが、知識の1つとして頭の片隅に置いておいてください。

 

リスクをしっかり理解した上で上手に空売りを利用していきましょう。