・株価が上がるとき、下がるとき

株価が上がるとき、下がるとき

基本的には前述した通りですが、たまに良いニュースが出ても株価が上がらないことがあります。
まだ投資をし始めたばかりのころの私もこういうことがあり「あれ?」と思いました。
これは「織り込み済み」ということです。

良いニュースが出てきても、あらかじめそれを予想した投資家達が既に買っている場合、株価はそれ以上は上がらない。
逆に、良い材料が出尽くした(=それ以上上がらない)と考えられて、売り込まれる場合もある。

企業の調子がとても良さそうだと見える場合に、実際に良いニュースが出る前に「出るだろう」と予想した投資家達が先回りして株を買っていたりするのです。もちろん予想に基づく先回りなので失敗することもありえますが。
先回りした人たちが集まるとニュースは出なくても株価は上がります。そしてそうなってからニュースが出ても買った人たちは「そうなると思った」と思うだけですね。

逆に「ものすごく良いニュースが出そう」と感じた人達が買い株価がすごく上がってから「そこそこ良いニュース」しか出なかったときは
期待で買っていた人たちは失望し株を売るのです。

だから、単に利益が上がったとか下がったとかというだけで株を売り買いするのは得策ではありません。
他の投資家達は先回りして予想して売買していますので、実際に注目すべき点は「市場の予想よりも高いか低いか」です。
だから利益の下方修正のニュースが出たりなんかしても投資家達が大幅な下方修正を予想していたけれど、
実際は小幅の下方修正だったというような場合には、株価は上がったりします。

 

現在のアベノミクス相場も強い期待に基づく上昇相場ですから、実体経済が良くなっていくとしても
それが大した改善になっていなく微々たる成長しか続かないようであれば株価は下がっていくでしょう。

 

実際に出てくる指標や業績の数値それ自体も大切だが、
それに対する市場の受け取り方が最も重要

(GATAGより/著作者:耿念?)